PLAN

ユープラスは、楽しい暮らしをサポートする家を考えます。断熱・湿度の機能と素材・デザインを両立しました。住宅、外構、お庭にいたるまでトータルプランをお手伝いします。

1950年代、戦後の公団住宅の規格である「51C型」。それが現代のLDKの原型といわれています。政府によって効率的に住宅を供給するため導入されたその概念は、時代が進むにつれ、ただ部屋数だけを増やしながら慣例としてつくり続けられてきました。
 2DKよりも3DK。3DKよりも3LDKが豊かなものとされ、そうしたイデアのもとに家づくりが推し進められてきたのです。
 しかし、立ち止まって考えてみたときに、果たして3LDKより4LDKのほうが豊かなのでしょうか? 4LDKより、5LDKのほうが、住宅として優れているのでしょうか? たとえば、家族の集まる空間を大きくとれば個室はいらない、というすまい手がいらっしゃいます。その日の気分で、それぞれが好きな場所ですごすとなれば、個室は必要でなくなります。逆に各々のパーソナルな空間を重視するという住まい方もあります。そうなると居間や食堂はささいなもので事足りるでしょう。すまいの形式には、無限の可能性があるのです。

 「リビング」「ダイニング」「キッチン」そこでおこなう行為を部屋の名前にしてしまうのは、現代の住宅の特徴です。昔は、入口から遠い場所にあれば「奧」、道から見える場所であれば「見世(店)」、と呼んでいました。「奧」はすまい手にとって大切なものを納める場所。「見世(店)」は商品を並べて見てもらう場所でした。本来、私たちはそういった空間の質をデザインすべきではないでしょうか。

 ですから私たちは、立地条件や周辺環境の特性を把握し、部屋の配列や視線の抜けにこだわり、開口部の位置や採光や風通しについて十分な検討を行います。規定の部屋数を確保するだけの通り一遍の設計では実現することのできない、すまい手のパーソナリティーを色濃く反映した空間づくりを目指しています。
 部屋数が多いからといって、お気に入りの場所になるとは限りません。全てのすまい手に万能な形式はあり得ないのです。部屋数 + LDKなどの既成概念にとらわれないのが、ユープラスのプランづくりの考えです。